男の子に人気のランドセルとは?人気のカラーや素材の特徴

デザインや機能を参考にランドセルを選びたい人は要チェック!

ランドセル

ランドセル選びのチェックポイント

ランドセルを選ぶ際に、そういったデザインや機能があるのか気になる人は多いのではないでしょうか。最近のランドセルで多く取り入れられているデザインや機能を知ることで、製品選びの参考にもなるでしょう。初めてランドセルを購入する人はもちろん、最新のものを手に入れたい人にもおすすめです。

READ MORE

カラーバリエーションが豊富

最近では機能性だけではなく、カラーバリエーションも豊富になっています。たくさんあるカラーの中でも男の子の向けのランドセルではどのようなカラーが人気を集めているのでしょうか。ここで人気のカラーをチェックしていきましょう。

男の子に人気のカラーTOP5

no.1

定番カラーの「黒色」

今も昔も変わらず人気カラーとなっているのが黒色です。無難で使いやすく、プレゼントにも最適なカラーとなっています。青色や紺で縁取ったデザインも人気となっています。

no.2

現代っぽく飽きないカラーの「紺色」

黒に続いて人気のカラーとなっているのが紺色のランドセルです。「男の子は黒」といったイメージにとらわれない、現代っぽいカラーでもありますが、飽きずに長いこと使えるカラーとして人気を集めています。

no.3

おしゃれな雰囲気の「茶色」

黒や紺とは違った印象を与える茶色は、少し個性を出しつつもおしゃれで上品な印象を与えます。英国風なデザインも人気となっており、男女問わず使えるカラーとしても注目を集めている色でもあります。

no.4

他と被りにくい「緑色」

緑色でも深く落ち着きのあるカラーが人気となっています。一見黒色に見えますが、光の当たり具合や角度によっては緑色に見えるので、他と被りにくいデザインとしても人気を集めています。

no.5

メタリックな印象を与える「ゴールドやシルバー」

ゴールドやシルバーはメタリックな印象を与えるとともに、個性を出せるデザインでもあります。青で縁取られたデザインが特に人気を集めており、子供から人気のカラーとなっています。

素材の特徴や機能性

小学生

手入れが簡単な「クラリーノ」

軽くて背負いやすく、雨や汚れに強いのが特徴です。手入れも簡単なため、汚れが付着してしまっても問題ありません。比較的価格は安く、どの店舗でも購入できるので探しやすい素材でもあります。

丈夫で味のある「牛革」

牛革の一番の特徴は丈夫さです。型崩れしにくく、長年使用するランドセルには最適な素材でもあります。使い込むと味が出てくるので、高学年になるとまた違った雰囲気を楽しめるでしょう。

最高級品の素材の「コードバン」

コードバンは馬のお尻の革で、希少な素材として知られているものになります。上品な艶が特徴で、牛革よりも硬く、耐久性は抜群です。ランドセルの素材の中で最高級品でもあり、他の素材と比べて価格は高めです。

ランドセルを使用するにあたって気になる質問集

牛革と人工皮革の違いは何ですか?

本体の素材のみの違いになります。基本的な強度や仕立て、防水性といった機能性に違いはありません。どちらか迷った場合は、質感や重量の違いで選ぶと良いでしょう。

牛革のランドセルの手入れ方法を教えてください。

牛革のランドセルの場合、日頃から乾拭きやブラッシングといったケアを行なうようにすると良いでしょう。汚れが付着した場合は、ゴシゴシと強く擦るのではなく、優しく拭いてあげてから保革油や防水スプレーを使って保護してあげるのが良いですよ。

ランドセルが雨に濡れてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

人工皮革の場合、水に強い特徴を持っているので雨に濡れてしまっても応急処置をする必要はありません。ですが内装は人工皮革を使用していないケースが多いので、内部にまで吸収しないよう乾いた布で拭き取りましょう。本革の場合は、濡れたままにしておくのはNGなため、少しでも雨に濡れたら乾いた布で拭き取るようにしましょう。直射日光は避け、自然乾燥させてあげてください。

ランドセルの汚れはクリーニング屋さんで対応してくれますか?

店舗によってさまざまですが、ランドセルを扱っているところはあります。最近ではインターネットから宅配を申し込めるサービスもあるので、探してみてください。店舗に行く際はバッグや革製品を取り扱っているか確認してからクリーニングを依頼するようにしましょう。

保証サービスはどういった時に適用されますか?

製品の劣化によって金具が取れたり、ベルトが切れたりした場合に適用されることが多いです。メーカーのほとんどが6年間保証を取り入れていますが、無償で対応してくれたり有償での修理だったりとさまざまです。故意での故障でも無償で対応してくれるメーカーも存在するので確認してみましょう。

広告募集中